顧問弁護士・顧問法律事務所の法律相談Q&A

顧問弁護士・顧問法律事務所の法律知識

Q&A 3 顧問弁護士に相談できること

質問

会社経営上の判断まで、弁護士にできますか。

回答

ビジネス・ジャッジメントは経営者の専権です。残念ながら、弁護士には限界があります。

しかし、合法か違法か、相当か不当かの判断が必要であれば、それについては、お答えできます。

顧問弁護士となって、日ごろから会社の業務に通じ、会社の理念を理解していれば、個別の相談では、無理ですね、あるいは、これでは裁判に勝てません、と言った回答になるところ、顧問弁護士からは、それを超えた回答が期待できます。当初の方針であれば、相当ではないが、別の方法によれば、目的を実現できそうだ、などといった、一歩踏み込んだ提言ができます。

経営者の方は、それを踏まえたうえで、より深いビジネス・ジャッジメントをすることができるようになります。


顧問弁護士・顧問法律事務所についてのご相談は、
菊地総合法律事務所までお気軽にどうぞ。


菊地総合法律事務所PC版サイト

〒330-0063
埼玉県さいたま市浦和区高砂2丁目1-16
浦和大熊ビル5F
TEL 048-822-1451

このページの先頭