顧問弁護士・顧問法律事務所の法律相談Q&A

顧問弁護士・顧問法律事務所の法律知識

Q&A 4 代表者の個人の問題

質問

会社経営者です。事業承継に頭を悩ませています。何かいい方法がありますか。

回答

会社と会社代表者との間で利害の対立のない場合には、顧問弁護士は、顧問先の企業法務に加え、代表者の個人の方の法律問題も顧問料の範囲内として相談に応じることが多いと思います。従業員の方の問題についても、会社と利害の対立しない案件については、同様に応じてくれるのではないでしょうか。

株主と代表者個人との利害が対立するなどの理由があるときは、顧問弁護士は、会社を代理することになります。創業家の資産確保という観点からのアドバイスが必要であれば、会社の顧問弁護士とは別に、代表者個人のための弁護士を確保することを考えるべきです。


顧問弁護士・顧問法律事務所についてのご相談は、
菊地総合法律事務所までお気軽にどうぞ。


菊地総合法律事務所PC版サイト

〒330-0063
埼玉県さいたま市浦和区高砂2丁目1-16
浦和大熊ビル5F
TEL 048-822-1451

このページの先頭